導入事例

元本保証だけでなく利息も付くとのことで、いいお話だと思いました

Pinterest LinkedIn Tumblr

社会福祉法人 種の会 もみの木台保育園
東洋一郎先生(園長)、生居澤智恵子先生(保育士)、森田彩未先生(保育士)
https://tanenokai.ed.jp/mominokidai/

神奈川県横浜市青葉区にある「もみの木台保育園」。
もみの木台バス停から歩いてすぐの場所にあり、20代の保育士さんが多く活気の溢れた保育園です。園庭では子どもたちが元気に遊んでいました。

今回は、東洋一郎先生(園長)、生居澤智恵子先生(保育士)、森田彩未先生(保育士)の3名にお話をお伺いしました。

はじめに、お二人がはぐくみ基金へ加入を決められた理由はどのような点でしょうか?

生居澤先生
ちょうど定期預金などを始めようかと考えていたましたので、その意味でとてもタイミングが良かったです。元本が保証されて、さらに利息が付くと聞いていいお話だと思いました。さっそく帰宅後主人に相談したら、「始めてみたら」と背中を押されて、加入することにしました。

森田先生
私の場合は、銀行に相談してやり始めていたことがあったのですが、まだ初めて2、3か月たったので、そちらも少し続けながら、はぐくみ基金に加入しました。1年単位で考えても社会保険料や税金が抑えられることを理解できたので加入を決めました。

 

毎月の積み立てについて負担などはありますか?

生居澤先生
負担というよりも「貯まっているな」という実感です。自分で積み立て額を決めて、増額もできるので、とくに負担に感じることはありません。

森田先生
私も、無理のない範囲で積み立てているので、負担感はないです。

森田先生

実際に加入してみて、改善してほしい点やお気づきになったことはありますか?

生居澤先生
初めに説明を受けたさい、元本保証って大丈夫なのかな? 利息が付くって本当かな? と半信半疑でした。家族にも相談して、定期預金を積み立てるよりこちらの方がお得でしょうと言われて、確かにそうだなと納得しました。

20代の保育士の方たちにとって、はぐくみ基金への加入はどう受け止められていらっしゃいますか?


東園長
一般的に、短大を出て保育士になってまだ日が浅いスタッフについては、「結婚したら一区切りして家庭に入りたい」というスタッフもまだ多く、将来のための資産形成や老後の備えといってもピンと来ないかもしれませんね(退職金ではなく)。

東園長先生

はぐくみ基金によって、職員の皆さまが継続して勤務するような好ましい影響は生まれているでしょうか?

東園長
働きやすい環境づくりのための福利厚生の一つとしてはぐくみ基金があるのはよいことと思います。法人として職場環境や処遇の改善に取り組んでいることの表明にもなりますからね。

 

今日は、お忙しい中、お話を聞かせていただきどうもありがとうございました。

はぐくみ基金Navi(ナビ)の姉妹サービスサイト・「はぐONE」の公式キャラクター 「Huggy(ハギ―)」です。 はぐくみ基金についてより詳しい情報や最新情報、お役立ち情報を不定期で配信いたします。