導入事例

法人にもメリットが大きく、法人と職員がwin-winとなる制度です

Pinterest LinkedIn Tumblr

社会福祉法人泉新会
今津太陽理事長
http://kagayaki.senshin.ed.jp/

社会福祉法人泉新会 今津理事長にはぐくみ基金導入から5か月経過した時期にお話を伺いました。
今津理事長は「Happyの連鎖は保育者から始まる」のお考えのもと、常に職員にとって嬉しい働き方、組織の在り方を意識し、現場に転がっている問題にスピード感をもって取り組んでおられます。

はじめに、導入のきっかけについて聞かせてください

以前の法人ではぐくみ基金に加入していたのが、一番大きなきっかけです。
そこではぐくみ基金の良さをよく知っていたので、ぜひ新しく参画した法人でも導入したいと思いました。
「職員にメリットがある優れた基金がある」と当時の理事長へ話をしたところ、話を聞いてみたいとなり話が進んでいきました。

今津太陽理事長

はぐくみ基金を導入された目的は何でしょうか

たくさんの保育士の先生、栄養士、調理師、事務員が、保育の現場に従事していますが、保育業界はどちらかというと賃金が安い業界です。
その保育園で働く方々の為にも、少しでも賃金上で嬉しいと感じられることがないかと探していました。
例えば「福利厚生で何かをお安く購入できる」や、「優遇された宿代で宿泊できる」等があげられますが、もっと職員が喜ぶ何かを模索していてはぐくみ基金がヒットしました。

目的に沿った結果は得られていますか?

まだ導入したばかりですので実感できるのはもう少し先ではないでしょうか。
各自にとってメリットがあることが職員に伝わると、導入後1年後くらいすれば、法人としても成果が見えるかと思っています。
楽しみにしています。

導入されたときに懸念点はありましたか?

園長がメリットを感じていないと、職員全体にメリットが広まらないというという点です。
加入率が高かった園では、園長を通しメリットが職員全体へ伝わったのか高い加入率の理由でした。
その一方で、園長がメリットを感じていない印象があった園は、低い加入率でした。

導入後、職員の方の反応はいかがでしたか?

はぐくみ基金を導入した人が関わった園と、そうでない園は温度差がある程度あります。
初めての園は、まず園長が本当にお得なのかどうかというところから始まります。
そのような園でも、時間が経過し実績ができてくると今後の職員の反応がいいものに変わっていくと思っています。

実際にはぐくみ基金を導入されて気づいたメリット・デメリットはどの点でしょうか?

メリットを大きく感じています。職員の加入率が高ければ高いほど節税につながるなど、法人側にもメリットが大きくて、法人と職員でのwin-winな点があげられます。

デメリットについては、職員の方から直接意見があったのを聞いて確かにそうかもと思ったことがあります。
ご年配の先生で年金を控えている方で、説明会で年金が減りますよという話を聞いたときに、加入を検討している方も加入を辞めることがあるようです。

はぐくみ基金やベター・プレイスに対して期待している点や改善点はありますでしょうか?

よい金利を出してほしいです。あとは、どちらかというと数字に弱い人たちが多い業界ですので、はぐくみ基金に入った方がお得という点が伝わりにくいため、加入した1年後に給与明細のように、節減額を職員へ周知できるものが欲しいという点です。
実際の節減額が見える化されると、加入していない職員に加入を促していく、一つの武器につながるのかなと思います。

はぐくみ基金Navi(ナビ)の姉妹サービスサイト・「はぐONE」の公式キャラクター 「Huggy(ハギ―)」です。 はぐくみ基金についてより詳しい情報や最新情報、お役立ち情報を不定期で配信いたします。