安心を一人ひとりに届ける
新しい退職金制度

はぐくみ基金

詳しい資料のダウンロードはこちら

PICK UP

  • 『幻冬舎ゴールドオンライン』及び『Yahoo!ニュース』に、はぐくみ基金が取り上げられました。詳しくはこちら
  • はぐくみ基金が各種主要団体の推奨基金に認定されました。詳しくはこちら

福祉・医療業界をはじめ、
多くの企業の皆様に
支持されています

  • 退職時/休職時
    に支給
  • 選択制の
    節減メリット
  • 他の制度と
    併用可

はぐくみ基金(福祉はぐくみ企業年金基金)は、
厚生労働大臣の認可を受けて設立された企業年金制度(確定給付企業年金基金)です。

福祉や医療など、社会の発展を下支えする人たちの
福利厚生や資産形成を支援するために設立され、
今日では福祉・医療業界以外にも幅広く導入いただいております。

  • 厚生労働大臣認可番号:関基第 016408 号
  • 法人規模によっては導入できませんのでご注意ください。
  • 確定給付企業年金は、2020年時点で約940万人が加入する最も多くの利用実績がある年金制度です(参照元:厚生労働省資料)。

はぐくみ基金が選ばれる理由

はぐくみ基金は会社や法人にとっても、経営者層を含めた加入者にとっても魅力的なメリットがあります。

会社からみた特長

平均加入率 65.2% ※1

01老後だけでなく退職時や休職時に支給されます。
加入者の元本が保証される安心の制度で、高い加入率が期待できます

はぐくみ基金は退職時のほか、休職時や育児・介護休業時にも受給できるため、他の制度のように老後まで受給を待つ必要がありません。また、数年後に離職した場合でも、元本を減らすことなく受け取ることができます。
さらに、資産運用は加入者自身が行う必要はなく大手生命保険会社が行いますので、このような点も影響して平均加入率が65%以上にもなっています(2022年4月現在の当社調べ)。加入率が多いほど、会社や法人のメリットにも繋がります。

02選択制の制度設計により、節税コスト削減が見込めます

はぐくみ基金を導入する際、「前払い退職金制度」という制度設計を行います。
また、「選択制」という仕組みを採用します(この仕組みを選択制確定給付企業年金ともいいます)。
これらの制度設計や仕組みによって、節税やコスト削減効果にも繋がることになります。

03会社側のリスクを極限まで下げる仕組みを整えています

例えば資産運用については、「複数の国内大手生命保険会社」が担当しますが、国債などを中心に安全性や資産保全性の高いポートフォリオを構成しています。
さらに、積立不足が発生しにくい仕組みである、「キャッシュバランスプラン」を採用しており、運用リスクを限りなく小さくしております。

Tips

離職率と採用コストが大幅に削減

ある会社様のケースでは、はぐくみ基金を導入するまで、離職率が平均19.9%という高い数字となっていましたが、導入後「1年」で15.4%まで低下し、4.5%の改善を実現しました(※2)。
また、離職率の低下によって採用コストも大幅に削減することができ、前年度比約2300万円の削減を達成しています。
さらに、別の会社様のケースでは、「入社後1年離職率」が導入前年比22.4%の低下を実現しております(※2)。

  • ※1
    2018年4月~2022年3月までの弊社調べの数値になります。
  • ※2
    弊社調べによるある導入先の事例になり、効果や実績をお約束するものではありません。

加入者からみた特長

大手生保が
委託運用

元本が保証されます
加入者の元本は保証されます。また、資産運用は大手生命保険会社数社が行っており安心です。さらに、金利による利息も発生します。
退職時や休職時に支給されます
積立金は、老後での受け取りとなる他の制度と異なり退職時に受け取ることができます。また、退職時以外にも休職時や育児・介護休業時にも受け取ることが可能です。
選択制による節減メリット
選択制による制度設計によって(選択制確定給付年金)、加入者は税金の負担を抑えつつ(一部については社会保険料の負担も抑えながら)退職金や老後の資金を積み立てることができます。
運用商品を選ぶ必要がなく簡単
例えば、企業型DCやiDeCoのような確定拠出年金の場合、運用商品を加入者自身が選んで運用していく必要がありますが、はぐくみ基金の場合その必要がありません。資産運用は大手生命保険会社が担当します。
他の制度と併用が可能です
はぐくみ基金は、確定拠出年金(企業型DCやiDeCo)や中小企業退職金共済との併用が可能です。ただし、掛金の上限額が変わりますのでご注意ください。

Tips

経営者や役員の方も加入することができます

他の制度と異なり、経営者や役員層の方も制度に加入し、掛金を拠出することができます。
とくに経営者クラスに好評とされる点のひとつが、拠出金額の上限額(掛金の上限額)になりますが、月額1,000円~給与の20%まで(上限100万円まで)拠出することができます(2022年4月現在)。
また、確定拠出年金(企業型DCやiDeCo)や中小企業退職金制度などとの併用も可能です。

試算シミュレーション

はぐくみ基金に加入した場合の節減効果や将来の資産見込額などをシミュレーションすることができます。
法人様向けのシミュレーションについても試算可能です。こちらのフォームよりお問い合わせください。

導入企業

福祉・医療業界からそれ以外の様々な業種業界まで、幅広く導入いただいております。

  • 社会福祉法人つばさ福祉会
  • 社会福祉法人鳴海福祉会

各種団体様からも
はぐくみ基金は推奨されています

一般社団法人 日本病院経営革新機構、特定非営利活動法人 全国認定こども園協会、一般社団法人「民間事業の質を高める」全国介護事業者協議会<略称 民介協>、一般社団法人 全国企業主導型保育事業連合会、一般社団法人 全国認定こども園連絡協議会 一般社団法人 日本病院経営革新機構、特定非営利活動法人 全国認定こども園協会、一般社団法人「民間事業の質を高める」全国介護事業者協議会<略称 民介協>、一般社団法人 全国企業主導型保育事業連合会、一般社団法人 全国認定こども園連絡協議会

  • 法人名などは順不同の掲載になります。

導入実績

2018年4月の設立以来、加入事業所数、加入者数共に右肩上がりに急上昇しています。

  • 加入事業所数
    738
  • 加入者数
    30000人超
  • 2018年4月設立から2022年4月現在の数値になります。

他サービスとの違い

はぐくみ基金には、他の制度にはない大きな魅力があります。

はぐくみ基金 確定拠出年金(企業型DCやiDeCo) 中小企業退職金共済制度
根拠法 確定給付企業年金法 確定拠出年金法 中小企業退職金共済法
任意加入 可能 可能 全員加入
加入年齢 70歳未満 70歳未満 制限なし
加入制限 役員も拠出可 役員も拠出可 役員は拠出不可
税金 節税可 節税可 節税不可
社会保険料 節減可 節減可 節減不可
拠出金上限 1,000円~給与の20%
(上限100万円)
1,000円~55,000円 5,000円~30,000円の16段階
運用 基金が資産管理・運用 個人が掛金を運用 機構が資産管理・運用
受取り 退職時、休職時
育児・介護休業時
原則60歳以上 退職時

はぐくみ基金がとくに好評な点のひとつは、仮に数年での離職であっても元本を減らすことなく「退職時」に受給できる点です。また、資産運用をお任せにできる点です。これらの要因によって、平均加入率が65%以上という数値にもなっています(2022年4月現在の当社調べ)。
もうひとつ、好評いただいている点は、拠出金額の上限額(掛金の上限額)についてになりまして、月額1,000円~給与の20%まで(上限100万円まで)拠出可能な点です。この点はとくに経営者クラスなどにたいへん好評です。

よくある質問

はぐくみ基金について、多くのお客様から寄せられるご質問やお問い合わせ内容です。

基本的に、法人規模が極少数の場合を除き(一例:1名で役員のみなど)、厚生年金の適用事業所であれば、業種や規模を問わず、全国に所在する事業所でご加入いただけます。
但し、以下の条件に合致する場合を除きます。

  • 1.債務超過でないこと
  • 2.公序良俗に反しない企業(反社会的勢力でない企業)であること

なお、弊社の与信チェックにより、ご導入いただけない場合がございます。
また、設立1年未満の法人様につきましても、ご導入できませんので予めご了承ください。

しっかりとしたご説明やご提案などをさせていただいた後、いわゆる制度設計 → 従業員への説明会実施(親身であると好評です) → 各種事務的な手続きなどを経て導入いただくことが可能になります。

  • 従業員の方など加入を検討されている方は、勤務先がはぐくみ基金を導入していることが前提条件になります。その上で加入をご希望される場合、まずは勤務先の総務や人事のご担当者などにお問い合わせください。

掛金変更は法人ごとに年2回を原則として設定することが可能です(条件による)。
また、掛金は1,000円単位で選ぶことができ、給与の20%まで(上限は100万円)設定することができます。

加入者の元本は保証されますのでご安心ください。
とくにこの点が、iDeCoや企業型DCのような「確定拠出年金」(401k)との大きな違いになり、「退職金」として受け取れる点も、とくに若年層の従業員の方の加入が多い一因になっております。

さらに、利息分も受け取ることができ、毎年数パーセントのしっかりとしたリターンがございます。

可能です。
但し、はぐくみ基金に加入した場合、確定拠出年金(DC)の掛金限度額が変わりますので、ご注意下さい。
個人型確定拠出年金(ideco)の場合、1万2,000円、企業型確定拠出年金の場合、最大2万7,500円となります。(平成30年1月現在)

退職金として受け取る場合は退職所得控除が適用されます。
休職・休業時に一時金として受け取る場合は、50万円まで非課税で受け取ることができます。(一時所得としての扱いとなります。)
また、加入20年以上の場合、年金として受け取ることが可能です。

加入1ヶ月以上で退職された場合においても、積立額の全額を受け取ることができます。

お知らせ

2022年4月5日
2022-04-05
https://bpcom.jp/hagukumikikin/infomation/media/2592/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/04/media_2592_kv02-270x180.png
『年金情報』2022年4月4日号に掲載されました
はぐくみ基金Navi編集部
メディア掲載

2022年4月4日号の『年金情報』(発行:格付投資情報センター)巻頭特別リポートで、「はぐくみ基金」サービスの伸長とその特徴などについて紹介いただきました。 掲載概要 全文掲載の記事(PDF)はこちら 全文掲載の記事(P [...]

The post 『年金情報』2022年4月4日号に掲載されました first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2022年4月5日
2022-04-05
https://bpcom.jp/hagukumikikin/infomation/media/2587/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/04/media_2587_kv-270x180.png
『税界タイムス』2022年4月1日号に掲載されました
はぐくみ基金Navi編集部
メディア掲載

2022年4月1日号の『税界タイムス』に、弊社及び「はぐくみ基金」サービスについて紹介いただきました。 PDFのリンクはこちら ※メイン画像出典:https://www.zeikai.net/times.html

The post 『税界タイムス』2022年4月1日号に掲載されました first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2022年3月10日
2022-03-10
https://bpcom.jp/hagukumikikin/infomation/news/2644/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2021/11/hagukumikikin-navi_ogp02-270x180.png
はぐくみ基金が各種主要団体の推奨基金に認定されました
はぐくみ基金Navi編集部
お知らせ

はぐくみ基金が下記の各種主要団体で推奨基金に指定されました。 一般財団法人日本病院経営革新機構 一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会 特定非営利活動法人 全国認定こども園協会 一般社団法人 全国企業 [...]

The post はぐくみ基金が各種主要団体の推奨基金に認定されました first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2022年1月17日
2022-01-17
https://bpcom.jp/hagukumikikin/infomation/media/2456/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/01/media_2456_kv-270x180.png
『幻冬舎ゴールドオンライン』及び『Yahoo!ニュース』に、はぐくみ基金が取り上げられました
はぐくみ基金Navi編集部
メディア掲載

2022年1月13日の幻冬舎グループによる企業オーナー・富裕層向けメディアサイト・『幻冬舎ゴールドオンライン』及び『Yahoo!ニュース』にはぐくみ基金について取り上げられました。 ▼幻冬舎ゴールドオンライン https [...]

The post 『幻冬舎ゴールドオンライン』及び『Yahoo!ニュース』に、はぐくみ基金が取り上げられました first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

セミナー/イベント

2022年5月13日
2022-05-13
https://bpcom.jp/hagukumikikin/recommend-seminar/seminar/2659/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/05/2ab8407091bba591b2425c27a18a1943-min-270x180.png
【オンラインセミナー】福祉事業者が実装すべき「退職金制度」と「弁護士相談窓口」徹底解説セミナー ~令和の「人材確保・定着」の戦略~
はぐくみ基金Navi編集部
セミナー情報

介護・幼保・障がい事業などの福祉事業所では、近年、益々人材不足が深刻化しています。 令和の時代は全ての福祉事業所において「事業継続」がテーマになることは間違いなしですが、その鍵を握るのは「人材確保・定着」です。 職員が長 [...]

The post 【オンラインセミナー】福祉事業者が実装すべき「退職金制度」と「弁護士相談窓口」徹底解説セミナー ~令和の「人材確保・定着」の戦略~ first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2022年5月13日
2022-05-13
https://bpcom.jp/hagukumikikin/recommend-seminar/seminar/2656/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/05/20220119_seminar_KV-min-270x180.png
【オンラインセミナー】加速する少子化と保育経営の未来
はぐくみ基金Navi編集部
セミナー情報

保育業界で長きにわたり問題とされていた「待機児童」については、様々な施策が打たれ、保育施設が増えてきたことで現在では落ち着きを見せはじめています。その一方で、出生数の加速度的な減少の影響により「児童数の確保」が今後の保育 [...]

The post 【オンラインセミナー】加速する少子化と保育経営の未来 first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2022年5月13日
2022-05-13
https://bpcom.jp/hagukumikikin/recommend-seminar/seminar/2652/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2022/05/ondemand_kv_bpsite-min-270x180.png
【税理士・会計事務所職員様向けオンデマンドウェビナー】顧問先を守るために今知っておくべき注目スキーム
はぐくみ基金Navi編集部
セミナー情報

現代はVUCAの時代と呼ばれ、経営環境の変化が目まぐるしく、また先行きを見通すことも難しい状況にあることは明らかです。また今後もテクノロジーの加速度的な進歩により破壊的なイノベーションがもたらされ、経営環境がますます複雑 [...]

The post 【税理士・会計事務所職員様向けオンデマンドウェビナー】顧問先を守るために今知っておくべき注目スキーム first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).

2021年10月15日
2021-10-15
https://bpcom.jp/hagukumikikin/recommend-seminar/seminar/2348/
https://bpcom.jp/hagukumikikin/wp/wp-content/uploads/2021/10/20211105_webseminar_kv.-270x180.png
【経営者必見!】中小企業が採用すべき「退職金ポートフォリオ」決定版
はぐくみ基金Navi編集部
セミナー情報

中小企業経営者であれば必ず一度は頭をよぎる従業員、そして経営者自身の「退職金」。 コロナ禍における若年層の資産形成ニーズの高まりを背景に、これまで以上に中小企業における「退職金制度」の重要度が増しております。採用力強化や [...]

The post 【経営者必見!】中小企業が採用すべき「退職金ポートフォリオ」決定版 first appeared on はぐくみ基金 Navi(ナビ).