セミナー情報

2021.11.22

【オンデマンドセミナー】経営者必見!中小企業が採用すべき退職金ポートフォリオ決定版

中小企業経営者であれば必ず一度は頭をよぎる従業員、そして経営者自身の「退職金」。コロナ禍における若年層の資産形成ニーズの高まりを背景に、これまで以上に中小企業における「退職金制度」の重要度が増しております。採用力強化や従業員のエンゲージメント向上、ひいては組織の成長、業績向上を目指す上で、一度はしっかり考えておきたいテーマです。

しかしながら、退職金制度の構築はとても難解な要素が多く、コンサルタントもあまり手を付けたがらない分野です。それと同時に、様々な退職金積み立ての手立てが乱立する中で、どのような仕組みを採用すべきなのか、網羅的に調べ上げて検討するのは非常に難しい現状があります。

そこで今回、金融経済学修士&税理士資格を持つ企業税務・財務のプロフェッショナルでありながら、人事コンサルティング事業を通して中小企業の組織デザイニングも手掛け、全国各地での講演も多数こなす小笠原知世氏をお招きし、専門家から見た中小企業にとって最適な退職金ポートフォリオについて解説いただきます。

同氏がこれまで中小企業経営者のパートナーとして「ヒト・モノ・カネ・IT」の課題解決を一気通貫で行ってきた経験から、人材戦略全体、ひいては経営戦略全体における重要要素としての「退職金制度構築」について語っていただく貴重な機会です。

開催概要

開催形態無料オンデマンド配信
公開期間:2021年11月23日~12月31日
ご視聴お申込みお申込み専用フォームよりお申込み下さい

ご視聴までの流れ

  1. お申込み専用フォームよりお申し込み
  2. 同完了画面よりすぐにご視聴いただけます

このような方にお勧めです

  • そもそも退職金制度って必要なの?と考えている中小企業経営者様
  • 採用面やエンゲージメント向上をはかりたいと願う方
  • 退職金制度をこれから構築していきたいと考えている中小企業経営者様
  • たくさんある退職金を用意する手立てのどれを採用すべきか、また最適な組み合わせを知りたい方

登壇者紹介

御堂筋税理士法人 税理士/株式会社組織デザイン研究所
CHRO 小笠原知世氏

神戸大学在学中、資格の学校TACにて史上最年少講師に就任。同大学院にて公共・金融経済学修士を取得後、御堂筋税理士法人へ入所&税理士資格を取得。企業税務・財務のプロフェッショナルとして、カネに関するソリューションを一手に担う。また、メガバンクを中心に全国で講演活動を行う。コーチング&ファシリテーションスキルを習得し、中小企業オーナーのエグゼクティブコーチとして、”経営者パートナー“の存在を確立する。第二子出産後、マネージャーに就任、人事コンサルティング事業を立ち上げる。現在は、右脳×左脳アプローチでバランスの取れた組織デザイニング、また、中小企業におけるヒト・モノ・カネ・ITの課題解決を一気通貫で行う。

備考

個人情報の利用目的について
氏名などの個人情報は弊社が提供するサービスの資料送付や、サービス内容のご案内、及びアンケートへのご協力をいただく場合などに利用いたします。
本セミナーは主催者の上記2社が前記の目的の範囲内で個人情報の利用管理を行います。