プレスリリース

2022.03.10

福祉・医療従事者のための企業年金『はぐくみ基金』が 一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会 の推奨基金に決定

介護業界に従事する皆さまが
「お金の心配なく」「自分らしく働ける」ことを目指して

株式会社ベター・プレイス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:森本 新士、https://bpcom.jp/、以下、 ベター・プレイス)が導入推進する確定給付企業年金「福祉はぐくみ企業年金基金(以下、はぐくみ基金)」がこの度、一般社団法人 『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会(本部:東京都千代田区、理事長:座小田 孝安、以下 民介協)の推奨基金に決定いたしました。

「はぐくみ基金」は、保育や介護、医療など、人々の生命と社会生活を支える人たちの資産形成や福利厚生を支援するために、2018年に発足した、新しい企業年金(確定給付企業年金)です。2018年4月の基金設立後、約4年で加入事業所数581、加入者数が約15倍の約25,735人(2022年1月末現在)となり、エッセンシャルワーカーとして医療や保育・介護業界を支える事業者および従業員の皆さまより、大きな反響を得ています。

ベター・プレイスは今後も「はぐくみ基金」を多くの方にご利用いただくことで、エッセンシャルワーカーとして人々の生命と社会生活を支える方たちの資産形成を支援してまいります。

「はぐくみ基金」について

現在我が国は、人口減少と超高齢化による「就労人口の減少」が進み、特に保育・介護・医療業界においては慢性的な人手不足の現状があります。また、企業を退職する際の要因は経済的理由が最多*1であり、働く世代のお金の不安の第一位は「老後資金」*2となっています。

私たちは、「ビジネスを通じて、子育て世代と子どもたちが希望を持てる社会をつくる。」というビジョンのもと、保育や介護、医療など、人々の生命と社会生活を支える人たちと、業界を支えるため、企業にも労働者にもメリットがある新しい企業年金「はぐくみ基金」を設立しています。

 事業主側は、元手なしで退職金制度を構築でき、経営者や役員も加入可能な基金です。また、企業型DC(企業型確定拠出年金)は加入年数が60歳未満である一方、「はぐくみ基金」は70歳未満まで加入できるため、高齢の従業員が比較的多い福祉業界から、働きやすい環境づくりのための福利厚生の1つにとして導入いただいています。

従業員側のメリットには、難しい投資の知識が不要で、元本が保証されていることがあげられます。また、原則60歳以上にならないと受け取りができない企業型DC(企業型確定拠出年金)やiDeCo(個人型確定拠出年金)に比べて、退職時や休職時、育児・介護休業時にも受け取ることが可能なため、育児や介護を将来に控える従業員から厚い支持を集めています。現在、加入事業所のうち73%が医療・福祉関係となっておりますが、他業界の法人様にもご加入いただけます。
(出所)
*1 『エン転職』ユーザーアンケート調査 2018年 https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13174.html
*2 QUICK資産運用研究所「個人の資産形成に関する意識調査」2019年11月

一般社団法人『民間事業者の質を高める』全国介護事業者協議会について

「質の高い介護サービスの提供」をテーマに、民介協は平成14年の設立当時から現在に至るまで介護保険制度の歩みとともに、サービスの種別を問わず横断的に民間事業者団体として数多くの活動を行ってきました。

1.介護事業経営者としての理念を構築するための支援事業
厚生労働省の「老人保健健康増進等事業」等の調査研究事業への参画。厚生労働省等、行政の行う検討会への委員派遣、各種団体への調査研究事業への委員派遣の実施。

2.介護サービスの質を向上させるための多彩な研修会・セミナーの開催
全国の事業者の取り組みを発表いただき、好事例の共有を行う「全国事例発表会」や各種介護事業者向けの全国研修会を企画、実施。

3.経営安定化のための経営相談業務
全国各地区の理事が中心となって、相談に応じる。必要に応じて経営コンサルタントや関連の連絡先や各種団体の行う研修会を紹介し、経営の安定化のサポートの実施。

4.高齢者介護に関わる情報の発信と共有
厚生労働省からの情報やサービスの質を向上させるためのホットな情報をいち早く会員各位に伝達。

5.高齢者が在宅で、より快適に暮らすための国への要望
民介協としても民間介護事業者推進委員会(介護6団体)のメンバーとして国政や行政への提言やヒアリングへの参加。委員会を通じ「社会保障審議会介護保険部会」、「社会保障審議会介護給付費分科会」へ意見の具申。

上記活動の中で民間事業者の団体として厚生労働省や行政との連携を密にし、民間事業者の声を提言や調査研究事業を通じて様々な形で行政に届けております。
介護事業者であればどのような業種の事業者でも会員としてご参画いただけます。

株式会社ベター・プレイスについて

私たちは「ビジネスを通じて、子育て世代と子どもたちが希望を持てる社会をつくる。」という企業理念のもと、人々が「お金の心配なく」「自分らしく働ける」社会を目指しています。医療、保育や介護など、人々の生命と社会生活を支える人たちの資産形成や福利厚生を支援するための「はぐくみ基金」の設立のほか、福祉業界向けITシステムの開発・提供など、エッセンシャルワーカーのためのさまざまなサービスを展開しています。また、DXにより企業年金を刷新し、労使ともに手続きにかかる手間を大幅に削減できるプラットフォームの提供により、初心者の方でも手軽に老後の資産形成ができるような取り組みを行っています。

主なサービス

  • 「福祉はぐくみ企業年金基金」退職金制度導入設計・サポート
  • 企業型確定拠出年金導入設計・サポート
  • 福祉業界向けITシステム開発・販売:シフト勤務表自動作成システム「Work/Life」

会社概要

会社名:株式会社ベター・プレイス
所在地:東京都新宿区四谷坂町9-9 三廣ビル9F
代表者:代表取締役社長 森本 新士、代表取締役COO 古市 成樹
設立: 2011年10月17日
URL:https://bpcom.jp/
TEL:03-5227-8222

本リリースに関する報道お問い合わせ先

株式会社ベター・プレイス 経営企画部 白石・荻原

TEL:03-5227-8222 平日9:30~17:00(年末年始・祝日を除く)

MAIL:public@bpcom.jp  TEL:03-5227-8222