社会保険料適正化

給与支給額を変えずに、コンプライアンスに則った手法で、社会保険料を適正化します。
 社会保険料には適正値があり、無駄を無くすことで、社員も会社も社会保険料を節減できます。

給与にかかる社会保険料

社会保険料の負担は、今後ますます上がっていくことが見込まれます。それに伴い、会社と社員、双方への影響が現れます。例えば、社員の側では、
平成9年に比べ給与水準は10%低下しているにもかかわらず、社会保険料の負担が16%も増加しています。

 

導入事例

手当の適正化を実施することで、会社と社員、双方に節減効果が現れ、そのメリットは以下の通りです。

図5