ベター・プレイスは、既存の発想を変え、お金の流れや、モノの流れを変えることで、日本の会社の企業体質強化につながるコンサルティングをしています。

将来の日本を支える若い世代や中小企業、明日をつくるベンチャー企業が元気になれば、日本全体が元気になる。よりよい社会をつくるために、 当社は、事業を通じて社会に貢献していきます。

【代表プロフィール】
森本 新士 (もりもと しんじ)

1972年生まれ、中央大学専門職大学院国際会計学科修士課程修了
公益社団法人日本証券アナリスト協会 検定会員 DCプランナー(企業年金総合プランナー)

アリコジャパン、スカンディア生命保険株式会社(現東京海上日動フィナンシャル生命)にてマーケティング業務に従事後、2007年2月かいたく投信株式会社(現クローバーアセットマネジメント)を創業。 2010年1月株式会社Fair Trustを創業後、2011年10月より当社設立。
専門分野は、ファイナンス、年金制度の知識・経験に基づいた企業体質強化、ファンド組成の知見を活かした地域活性化など。 「企業年金制度を活用した企業体質強化策」「総合型厚生年金基金への対処法」「ファンドを活用した地域活性化」などのテーマで各大学や商工会議所等で講師を務める。

ブログ:世界をよりよくするために出来ること

社名の由来

株式会社ベター・プレイスの名称には、元になった一つのストーリーがあります。
“Make the world a better place ” 『世界をより良く変えるために』(出典)

「ウォーレン・バフェット」の名前をご存知でしょうか。
たった一代で6兆円を超える資産を築きあげ、そのほとんどを慈善団体に寄付すると公表している、世界で最も偉大にして尊敬されているアメリカの投資家です。
あるとき、彼は親友であるビル・ゲイツと母校の大学で講演を行ったとき、ひとりの学生から次の質問を受けました。
『私は世界をよりよくしたいと思い、こうして学んでいるのですが、あなたはとてつもない数の人々に影響を与えられる立場の人として、世界をより良く変えるためにどのようにしているのですか?』
そのときバフェットはこう答えました。
『みなさんは日々世界を変えているのです。子供を持つことひとつをとってもそうです。子供の世界観をつくるのは親であって、親は毎日そうしているわけです。だから親は教師なのです。
人生でもっとも素晴らしいことのひとつは、優れた人たちに囲まれるとその人たちにならって行動するようになることです。
しかし、同時に彼らもあなたから影響を受けることになる。
それは、あたかも惑星どうしが相互に影響を与え合いながら全体を構成しているようなものです。
だから、みなさんの振る舞いが、何らかの形で世界を変えることになるのです。』と。
私たちもささやかながら、たくさんの出会いを通じて影響を与えあい、それが少しでも世界をより良くするような方向に貢献できればとの願いを込め、ベター・プレイスと名付けました。